FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IT系パフォーマンスギャランティーに気分爽快

成長戦略を進めているところであるが、重要施策の一つに商品開発をあげている。IT業界では商品開発は難しい事業である。事業性の評価よりも技術の新規性や技術の高度化に目を向けた失敗例を見てきたので躊躇することも多い。優秀な技術者ほど失敗する例が多い。市場提供価格と開発コストのバランスが重要であり、コストパフォーマンス不在の研究開発は絶対にさせてはならない。

躊躇する必要のない商品開発が進んでいることを知り、爽快な気分になっている。中小企業のIT活用高度化を支援する商品として、ミトライザーの改良型商品に取組んでいる。改良型と呼ぶのは誤解を与えるが、新技術を駆使して、客先が簡単な操作で自己分析を可能にするクラウドサービスの目途がついたことである。

客先が簡単な操作で自己分析できる商品と言うのはパフォーマンスギャランティーの極意のような商品である。スペックギャランティーかパフォーマンスギャランティーかを真剣に議論した頃を思い出し、嬉しくなっている。モノづくりの製造業だけでなく、IT業界でも、パフォーマンスギャランティーの思想が成立しそうであることに一種の興奮を覚えている。

今から数十年前、カナダコードが発表され、世界の自動車産業が驚いた時期があった。カナダでは短期間に自動車の錆が激しく、ボディに穴が開く現象が発生した。この対策としてカナダコードで規制したのである。日本は原因究明と対策にいち早く取り組んだ。外部からコスメティックコロージョン、内部からパーフォレーションの錆びが進行することをいち早く解明し、対策車を提供して、日本の技術力を世界に示した。まさにパフォーマンスギャランティーの勝利である。日本人の持つ「徹底解明・徹底追及」の結果と評価したい。一人の優秀な技術者と言うより、集団(総合力)による対応力である。

あるとき中国人SE・PGを活用したことがある。個々の優秀さは極めて高いが、彼らの仕事の仕方は納得できるものではなかった。設計書を渡してプログラムを作らせると、素早く作成にかかる。早くて正確である。プログラムが機能しなくても平然としている。設計者の仕様書に従って作成したので、機能しないのは設計が悪い。スペックギャランティーの姿勢である。日本人プログラマーは納得できない仕様書に対して納得するまで食い下がる。

パフォーマンスギャランティーは日本人独特の品質保証の考え方であり、IT商品開発にバンザーイを叫んでいる。
スポンサーサイト

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ニックスバラード

Author:ニックスバラード
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。