FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愉快な仲間達・同釜会会合終了

今年の同釜会は17,18日に開催した。近代化が進む地方都市の様変わり様を見ながら楽しむ会合である。既に傘寿会を迎える年齢になって一泊二日の会合になっている。加えて、宴会終了後に宿泊部屋に移動して二次会必須の会合でもある。若い頃薄給にも関わらず、車座になって大いに議論しながら飲んだ時のままの車座スタイルである。今回も宴会終了が21時に宿泊部屋に戻って、すぐさま二次会と相成った。

若い頃と違うのは、半分近くは酒を飲めない身体になっている。座の真ん中に座っているのは昔の儘の男である。彼が手に持っているコップにはウーロン茶が入っている。しかし彼の主張は円熟味こそ増したが昔と少しも変わらない。24時を過ぎても寝ようと言い出す者はいない。世話役として「ぼつぼつ寝よう」と言って、就寝の段取りを開始するほどに議論に熱中した。話題のいくつかを紹介しよう。

九州から参加した者が市政改革委員を引受けることにした。ところがいざ参加してみると実にむなしい議論が多い。肩書の立派な人が参加しているが、実務経験に乏しい。市の担当部門が説明することに対して「ごもっとも」とうなずくだけである。市政改革なら、現状認識と改革ロジックの選択肢を提案できる者を集めなくてはならないはずと力説する。公務員の改革はきれいごとの羅列と改革のスピードが極めて遅いのが特徴であると力説していた。

また実家の農業を引き継いだ者は、14年専業農家として頑張っている。秋は果物の収穫時期であり、次郎柿の収穫中だが、引き続いて早生ミカン、青島ミカン、ネーブル、伊予柑、ハルミ、セトカ、甘夏と続く出荷先はグリーンセンターとAコープです。JAは検査が厳しく検査と出荷日程の規制もある。とにかく日本の検査は厳しく食の安全は十分に確保されているが、農家仕事も大変なことを実感しているという。

さて、翌日は熱田神宮参拝である。4ケ国語の通訳資格を持つ者が案内役だが、急増する外国人観光客に対する無償のボランティア・ガイドを実践している。いつものことながら見事な案内である。神宮の最初に目のつくところにあるのは銘柄表示した酒樽の陳列である。多くの外国人は何を目的にこのようなものを陳列しているかと聞かれる。日本人は米を栽培して生計を立てる農耕民族である。米を醸造して作る酒をお供えするのは日本人の自然を愛するたしなみのようなものであると、説明することにしている。多くの外国人は宗教と酒に違和感を持つ者が多い。特にイスラム教徒は禁酒国であり、信じられないと主張する。

「荒魂(あらみたま)」と「和魂(にぎみたま)」を初めて歩く「こころの小径」で教わる。神や人には荒魂・和魂があり、活動と調和を意味していることを知る。神道の原点でもあろう。古事記、日本書紀も調査しながら、ガイドの研究をしている。日本人の特徴は八百よろづの神を大切に自然を愛し、崇拝する国民性であることを外国人にわかりやすく説明するのは至難の技であろう。体力・精神力共に衰え始めてはいるものの気分充実の同釜会会合であった。来年の再会を誓い合って散会した。
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ニックスバラード

Author:ニックスバラード
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。