スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピーマン味噌のこと

遠野の夏野菜で少量のピーマン味噌を作ったのだが、友人から今年はピーマン味噌の材料が豊作だったのでと言って、沢山の材料を追加でいただいた。これは新鮮なうちに作るのが妥当と決め込んで早々に味噌作りに励んだところである。

IMG_0554.jpg

いくつかの失敗談を入れながら報告する。写真は出来上がり状態のピーマン味噌を示す。材料は1300gのピーマンと750gの青南蛮唐辛子が主である。味付けの主流は、米麹(かなりの量)、その他の味付け剤は、醤油、焼酎、砂糖、めんつゆである。好みに応じて量調整すればよい。

ピーマンと青南蛮唐辛子は種を取り出して実の部分だけを利用するが、実の部分は細かく切ることが重要である。失敗談は青南蛮の種取りと細かく切る時である。手に浸み込んだからし部分が猛烈な状態で、体の部分を触ると触った部分がたまらなくひりひりする。ところが新鮮なうちに処理することにしたため、深夜までかけて、ピーマン、青南蛮の切り込みを行った。翌朝目が覚めて、洗顔中に異常に気づく。目が明けられない、顔中ひりひりする。手に浸み込んだからし部分を洗い流そうとしていろんな事を試みるが効果なし。

出勤時の電車の中でも両手のひりひりは収まらない。会社でも一日中両手のひりひりは収まらなかった。南蛮の凄さを体験した数日間だった。ピーマン味噌の名称を「南蛮味噌」に変更したい気持ちになる。この辛みが何とも言えない美味になっているのである。
スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ニックスバラード

Author:ニックスバラード
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。