赤字決算修復のための前兆に喜びの日々

前期の決算期は最悪の状況が続いていた。経営未熟による、やってはならない「大盤振る舞い」、一部の幹部がやってはならない「職場離脱」、更に客先会合には参加するが、自社重要打合せには「知らぬ、存ぜぬ」の風情、悪いことに売上停滞の沈滞社風。どこから見ても倒産企業の風格十分である。ところが悪いことばかりではない。静かに成長戦略に貢献する者、智慧を振りしぼって売上に寄与する者、やればやれることを証明し始めたのである。

キャッシュフローの対策には金融筋の協力もあって、思い切ったことを実行した。今回は私の独断で、怖さもあったが実行した。こんなことはめったにするものではないと自分に言い聞かせている。何カ月耐えるのか不明であっても3ケ月程度はいけるところにいる。収益対策が功することを祈りつつ、状況観察している。そんな時に、6月の月次決算で想定外の黒字となった。想定外の表現は良くない。皆の努力が実を結びだしたのである。

本当にうれしく全社員にお礼を言いたい。我々の業界では新人を迎えて上期は新人教育のために、赤字基調である。これを下期には新人が戦力化するので、下期は黒字基調になる。このバランスをコントロールしながら、年間収支をバランスさせるのが経営の妙となる。6月と言えば通常では最も苦しい時期である。想定外の不謹慎な言葉の背景ではある。今年は良い予感を持って突撃体制である。

数々の智慧はいずれご紹介したい。一人一人が次元の低いことであっても、智慧を出し合える集団になればしめたもの
スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

赤字決算修復のための対策等で苦戦

前期の決算期は最悪の状況が続いていた。経営未熟による、やってはならない「大盤振る舞い」、一部の幹部がやってはならない「職場離脱」、更に客先会合には参加するが、自社重要打合せには「知らぬ、存ぜぬ」の風情、悪いことに売上停滞の沈滞社風。どこから見ても倒産企業の風格十分である。この対策に取り組んでいるのだが、気合だけで進んでいる。

さてどうしたものかと、悩む日々である。大きくは「実務を担当する社員:売上対策」「キャッシュフロー対策は代表取締役の責任」と対策にならないことを、つぶやいてしまう。総論・賛成、各論・反対に似たような粗末な経営姿勢である。キャッシュ対策については金融機関担当者と議論を交わし、楽しい結論に至る。これこそキャッシュフロー改善策と悦に入っている。

金融機関の担当者は固いだけが取得の人種と思っていたが、少し印象を変えたところである。キャッシュフローの財務的思考による対策をとることにした。慣れないことではあるが、自分の判断を第一に重要と決め込んだ。財務的対策によって一時的キャッシュ対策になる。これに頼りすぎることは経営としては危険である。総合的にバランス感覚に優れた諸対応をやらねばなるまい。

テーマ : 備忘録的なもの
ジャンル : 日記

ヤマトタケルのミホロバ


古事記を読み始めているが、登場人物の多さや、馴染み薄い生活様式は理解するのに大変苦労している。そこに絶好の友人情報を得た。ヤマトタケルのミホロバの後編が出版されるとの情報である。産経新聞に連載されたので知っているが、古事記に興味を持った機会に取り寄せたらどうかとのアドバイスである。早速新聞社にメールで申し込み、前編、後編を取り寄せた。

やはり新聞社として記事を連載して、製本しただけあって、見易い本になっている。カラー写真も多い。古事記の難解な部分を本当に分かりやすく解説したうえに今も残る地域を明確に書いている。素晴らしい出来栄えである。古代文化を記した上に、地域の明確な表現は、時間ができたら、是非とも古代史の旅を夢見て歩きたいものである。古事記の素晴らしさを実感している。

名古屋の熱田神宮に大変ゆかりの人物である。熱田神宮は三種の神器の一つ草薙神剣(クサナギノミツルギ)の御鎮座に始まる。ヤマトタケルが東征のおり、焼き殺される危機を救った草薙ぎの剣は神剣と呼ばれるようになり、三種の神器となる。古事記の本論は国造りから国固めであり、その過程でヤマトタケルの存在感が浮かび上がってくる。ヤマトタケルのミホロバは絶好の話題提供にもなる。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

JRの対応に対して大感激・感謝

昨日久しぶりに大学同窓生と短時間・痛飲した。彼とは数年ぶりの出会いである。地方の国立大学全盛時代に同じ研究室で、卒論研究をした仲である。廣い研究室に配属されたのは二人だけである。新進気鋭の教授とは、濃厚な指導とお付き合いをさせていただいた。恩師は既に鬼籍に入られたが、奥様は95歳近いご高齢で、お元気に生活されている。ご高齢の奥様とは、今でも電話やお手紙でお付き合い頂いている。

都会地では、国立大学と言えども、研究室には多くの学生がおり、私立大学は超有名大学でも相当数の学生である。恵まれた環境で学生生活を送り、社会人になってからは存分に高度経済成長期に貢献することができた。酒を酌み交わす会話の中にも恵まれた世代を強調するあまり、美味しいお酒にどっぷりつかってしまった。切符の手配で立ち寄った切符売り場で、突然大の字型に倒れてしまう。後ろに並ぶ人々に謝りながら、売り手の人に手助けできる人はいないかと尋ねて、すぐに制服姿の女性が登場したのだが、女性では無理と言うと男性に交代した。

車椅子が好ましいことを呟くと、機転の効く男性は即座に車椅子を持ってきて、二人がかりで車椅子に乗せることができた。多くの人が何事かと立ち止まっているが、車椅子に安定してからは、彼は「のぞみ」の自由席で東京まで行き、その先は千葉県最南端の町まで行くことを告げ、切符を持たせてお願いすることにした。新幹線のホームまで同行しなくてよいと言われ、車椅子を見送った。さて其の後気が気でなく、彼の携帯に電話するが応答がない。彼から電話があったのは、本日9時40分頃。

以下彼の弁、名古屋駅で車内まで車椅子で入り、「のぞみ」自由席の最前列に座らせてくれた。東京駅では車掌に起こされたが、すぐに車椅子を用意してくれる。、京葉線に乗り換えることは不可能で、車掌にお願いして東京駅のタクシー乗り場まで案内してもらう。車掌はタクシーが発車するのを見届けて、車椅子をもって立ち去ったらしい。何と素晴らしいJR職員の心配りであろうか。大感激して名古屋駅の関係者にお礼を申し上げてきたところである。これをもってサービスとは言いたくない。日本人の良き心配りのおもてなし行為であろう。

テーマ : 非常識な出来事
ジャンル : 日記

復活へ向けた真の戦い


久しぶりの赤字決算は、経営未熟に起因することもあって、真剣に取り組んでいる。第一に会社の目玉施策に対する十分な吟味である。意味不明の大盤振る舞いをするようでは経営者失格であろう。次に部下に対する厳しい姿勢は健全に保ち続けねばならない。売上げに貢献できない者は評価してはならぬ。事業に参加している場合、売上に対する寄与度は最も評価されねばならない。身勝手な理屈で自分の存在ばかりを強調する状況は排除せねばなるまい。

このことを長年の経験から、部下にはプレイイングマネージャーを目指せと言っている。ところがプレーイングマネージャーだと自社の業務ができないからと拒否する者がいる。これは非常に愚かな理由付けをすることになる。部下や若者が評価するのは自分たちと同じ目線で仕事をする上司であることを理解できない者に多いのである。プレーイングマネージャーこそ若者たちが目指す上司なのである。IT企業で必須の目標にしなくてはならない。

昼休みに、若者たちが和気あいあいと食事をしているが、そこに飛び込んで楽しそうにするのが、プレーイングマネージャー嫌いの男であるから話は複雑になる。しかしIT企業にプレイイングマネージャーを嫌う者を置いておくわけにはいかぬ。つらいことだが退職してもらうしかない。本人が反省して頑張る意思表示をすれば、OKする予定だが・・・。なんとも哀れを誘う風情であるが、全体を見渡せば仕方のないことではある。

テーマ : 頑張れ自分。
ジャンル : 日記

プロフィール

ニックスバラード

Author:ニックスバラード
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード