スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も届いた遠野の夏野菜

遠野の夏野菜2

今年も友人から夏野菜がとどいた。ハイライトはピーマン味噌の材料が丁寧に仕分けされていること。彼の祖母伝来のピーマン味噌は、数年前から我が家の珍品として家族皆に喜ばれている。それにしても青南蛮は絶品の辛さを発揮している。素手で水を使わずに処理することが、種取りに絶好の作業方式であることを発見、今年はこれで悦に入っていた。

遠野の夏野菜2


ところが作業終了後に両手のヒリヒリはすさまじく、とても辛抱できるものではない。ネットで調べて普通のサラダオイルを両手につけて手洗いし、最後に石鹸で洗い落とすと、ヒリヒリ感がなくなり驚いた。ネット情報も生活に密着して便利な時代になったものである。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

救急外来へ飛び込むことになる

年齢と共に、体調不良や、予期せぬ事態にたいする話題が豊富になる。仕事で現役を継続していることが遠因にあるかもしれない。糖尿病予備軍のつもりがいつの間にか、糖尿病正規軍になった。予備軍で通院していた主治医の配慮に常々感謝している。糖尿系は合併症を気にするために、少しでも信号をキャッチすると、大病院の関係先へ紹介兼検査に行くことになる。紹介先の大病院は主治医が勤務していた当地区の中核病院であり、熟知しているうえ、知り合いも多い評判の良い医師である。

直近で大変なトラブルに遭遇した。まだ完全解決に至っていない。最近左足首から爪先にかけて異常に腫れていることに気付いた。気付いたのは家内だが、自分で見ても異常な腫れである。このため主治医に相談して大きな病院の専門医に診てもらうことにした。主治医は快く聞いてくれて、早速紹介状を書き、大病院を訪問した。時間的に救急外来を指定してくれたのだが、このことがトラブルの発端となる。

救急外来は、救急車で運ばれた人を最初に対応する場所である。担当医はいるが、担当医は輪番制を原則に、診察・治療行為を行わないことになっている。状況を把握して専門医に相談する。当初血液循環系を想定したらしく、行動の規制が始まる。CTI検査等の検査場所への移動は、車椅子と移動ベッドである。医師の協議が続き、帰宅を許されたのは21時である。会社に電話をし、本日は直帰することを伝え、カバン、上着はそのままにして帰宅した。

自分の不養生とはいえ、高齢化につれてこのような事態は頻繁に起こるであろうと覚悟している。今年は1月の風邪、今回の足首の腫れと言い、高齢者によくある不養生で人騒がせなトラブルであろう。明日金曜日は、再度の検査日であり、専門医として、最終の判断が下される。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

赤字決算修復のための前兆に喜びの日々

前期の決算期は最悪の状況が続いていた。経営未熟による、やってはならない「大盤振る舞い」、一部の幹部がやってはならない「職場離脱」、更に客先会合には参加するが、自社重要打合せには「知らぬ、存ぜぬ」の風情、悪いことに売上停滞の沈滞社風。どこから見ても倒産企業の風格十分である。ところが悪いことばかりではない。静かに成長戦略に貢献する者、智慧を振りしぼって売上に寄与する者、やればやれることを証明し始めたのである。

キャッシュフローの対策には金融筋の協力もあって、思い切ったことを実行した。今回は私の独断で、怖さもあったが実行した。こんなことはめったにするものではないと自分に言い聞かせている。何カ月耐えるのか不明であっても3ケ月程度はいけるところにいる。収益対策が功することを祈りつつ、状況観察している。そんな時に、6月の月次決算で想定外の黒字となった。想定外の表現は良くない。皆の努力が実を結びだしたのである。

本当にうれしく全社員にお礼を言いたい。我々の業界では新人を迎えて上期は新人教育のために、赤字基調である。これを下期には新人が戦力化するので、下期は黒字基調になる。このバランスをコントロールしながら、年間収支をバランスさせるのが経営の妙となる。6月と言えば通常では最も苦しい時期である。想定外の不謹慎な言葉の背景ではある。今年は良い予感を持って突撃体制である。

数々の智慧はいずれご紹介したい。一人一人が次元の低いことであっても、智慧を出し合える集団になればしめたもの

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

赤字決算修復のための対策等で苦戦

前期の決算期は最悪の状況が続いていた。経営未熟による、やってはならない「大盤振る舞い」、一部の幹部がやってはならない「職場離脱」、更に客先会合には参加するが、自社重要打合せには「知らぬ、存ぜぬ」の風情、悪いことに売上停滞の沈滞社風。どこから見ても倒産企業の風格十分である。この対策に取り組んでいるのだが、気合だけで進んでいる。

さてどうしたものかと、悩む日々である。大きくは「実務を担当する社員:売上対策」「キャッシュフロー対策は代表取締役の責任」と対策にならないことを、つぶやいてしまう。総論・賛成、各論・反対に似たような粗末な経営姿勢である。キャッシュ対策については金融機関担当者と議論を交わし、楽しい結論に至る。これこそキャッシュフロー改善策と悦に入っている。

金融機関の担当者は固いだけが取得の人種と思っていたが、少し印象を変えたところである。キャッシュフローの財務的思考による対策をとることにした。慣れないことではあるが、自分の判断を第一に重要と決め込んだ。財務的対策によって一時的キャッシュ対策になる。これに頼りすぎることは経営としては危険である。総合的にバランス感覚に優れた諸対応をやらねばなるまい。

テーマ : 備忘録的なもの
ジャンル : 日記

ヤマトタケルのミホロバ


古事記を読み始めているが、登場人物の多さや、馴染み薄い生活様式は理解するのに大変苦労している。そこに絶好の友人情報を得た。ヤマトタケルのミホロバの後編が出版されるとの情報である。産経新聞に連載されたので知っているが、古事記に興味を持った機会に取り寄せたらどうかとのアドバイスである。早速新聞社にメールで申し込み、前編、後編を取り寄せた。

やはり新聞社として記事を連載して、製本しただけあって、見易い本になっている。カラー写真も多い。古事記の難解な部分を本当に分かりやすく解説したうえに今も残る地域を明確に書いている。素晴らしい出来栄えである。古代文化を記した上に、地域の明確な表現は、時間ができたら、是非とも古代史の旅を夢見て歩きたいものである。古事記の素晴らしさを実感している。

名古屋の熱田神宮に大変ゆかりの人物である。熱田神宮は三種の神器の一つ草薙神剣(クサナギノミツルギ)の御鎮座に始まる。ヤマトタケルが東征のおり、焼き殺される危機を救った草薙ぎの剣は神剣と呼ばれるようになり、三種の神器となる。古事記の本論は国造りから国固めであり、その過程でヤマトタケルの存在感が浮かび上がってくる。ヤマトタケルのミホロバは絶好の話題提供にもなる。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

プロフィール

ニックスバラード

Author:ニックスバラード
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。