JRの対応に対して大感激・感謝

昨日久しぶりに大学同窓生と短時間・痛飲した。彼とは数年ぶりの出会いである。地方の国立大学全盛時代に同じ研究室で、卒論研究をした仲である。廣い研究室に配属されたのは二人だけである。新進気鋭の教授とは、濃厚な指導とお付き合いをさせていただいた。恩師は既に鬼籍に入られたが、奥様は95歳近いご高齢で、お元気に生活されている。ご高齢の奥様とは、今でも電話やお手紙でお付き合い頂いている。

都会地では、国立大学と言えども、研究室には多くの学生がおり、私立大学は超有名大学でも相当数の学生である。恵まれた環境で学生生活を送り、社会人になってからは存分に高度経済成長期に貢献することができた。酒を酌み交わす会話の中にも恵まれた世代を強調するあまり、美味しいお酒にどっぷりつかってしまった。切符の手配で立ち寄った切符売り場で、突然大の字型に倒れてしまう。後ろに並ぶ人々に謝りながら、売り手の人に手助けできる人はいないかと尋ねて、すぐに制服姿の女性が登場したのだが、女性では無理と言うと男性に交代した。

車椅子が好ましいことを呟くと、機転の効く男性は即座に車椅子を持ってきて、二人がかりで車椅子に乗せることができた。多くの人が何事かと立ち止まっているが、車椅子に安定してからは、彼は「のぞみ」の自由席で東京まで行き、その先は千葉県最南端の町まで行くことを告げ、切符を持たせてお願いすることにした。新幹線のホームまで同行しなくてよいと言われ、車椅子を見送った。さて其の後気が気でなく、彼の携帯に電話するが応答がない。彼から電話があったのは、本日9時40分頃。

以下彼の弁、名古屋駅で車内まで車椅子で入り、「のぞみ」自由席の最前列に座らせてくれた。東京駅では車掌に起こされたが、すぐに車椅子を用意してくれる。、京葉線に乗り換えることは不可能で、車掌にお願いして東京駅のタクシー乗り場まで案内してもらう。車掌はタクシーが発車するのを見届けて、車椅子をもって立ち去ったらしい。何と素晴らしいJR職員の心配りであろうか。大感激して名古屋駅の関係者にお礼を申し上げてきたところである。これをもってサービスとは言いたくない。日本人の良き心配りのおもてなし行為であろう。
スポンサーサイト

テーマ : 非常識な出来事
ジャンル : 日記

復活へ向けた真の戦い


久しぶりの赤字決算は、経営未熟に起因することもあって、真剣に取り組んでいる。第一に会社の目玉施策に対する十分な吟味である。意味不明の大盤振る舞いをするようでは経営者失格であろう。次に部下に対する厳しい姿勢は健全に保ち続けねばならない。売上げに貢献できない者は評価してはならぬ。事業に参加している場合、売上に対する寄与度は最も評価されねばならない。身勝手な理屈で自分の存在ばかりを強調する状況は排除せねばなるまい。

このことを長年の経験から、部下にはプレイイングマネージャーを目指せと言っている。ところがプレーイングマネージャーだと自社の業務ができないからと拒否する者がいる。これは非常に愚かな理由付けをすることになる。部下や若者が評価するのは自分たちと同じ目線で仕事をする上司であることを理解できない者に多いのである。プレーイングマネージャーこそ若者たちが目指す上司なのである。IT企業で必須の目標にしなくてはならない。

昼休みに、若者たちが和気あいあいと食事をしているが、そこに飛び込んで楽しそうにするのが、プレーイングマネージャー嫌いの男であるから話は複雑になる。しかしIT企業にプレイイングマネージャーを嫌う者を置いておくわけにはいかぬ。つらいことだが退職してもらうしかない。本人が反省して頑張る意思表示をすれば、OKする予定だが・・・。なんとも哀れを誘う風情であるが、全体を見渡せば仕方のないことではある。

テーマ : 頑張れ自分。
ジャンル : 日記

経営未熟者のなせる業

今回の無様な会計処理結果について全社員を集めて、週末にお詫びのセレモニーを実施した。社員が不足しているのは、売上高不足に対する貢献に寄与していないことだけである。経営者として経営未熟からくる行為が、このような結果を招いてしまった。詫びても詫び足りるものではないが、大盤振る舞いの実力もないのに大盤振る舞いしたことや、もともとの配慮不足のもの等、経営者としての器量不足が大きかった。

今年一年は懸命に頑張り通すしかない。引退を後ろ倒しして自らの愚かな行為の後始末必定である。こうしてリタイアー時期を遅らせるのは本望ではないが仕方ない。やらねばならないことは決まっている。本来の意図したことを見失うことなく、回復基調に乗せることができれば、男冥利に尽きる。全社員が売上高向上に寄与できればありがたいことと、縁起達磨に手を合わせている。後期高齢者が負けてたまるか。

ヤマトタケルのミホロバの取り寄せに成功

古事記を読み始めているが、登場人物の多さや、馴染み薄い生活様式は理解するのに大変である。そこに絶好の友人情報を得た。ヤマトタケルのミホロバの後編が出版されるとの情報である。産経新聞に連載されたので知っているが、古事記に興味を持った機会に取り寄せたらどうかとのアドバイスである。早速新聞社にメールで申し込み、前編、後編を取り寄せた。

やはり新聞社として記事を連載して、製本しただけあって、見易い本になっている。カラー写真も多い。古事記の難解な部分を本当に分かりやすく解説したうえに今も残る地域を明確に書き記している。素晴らしい出来栄えである。古代文化を記した上に地域の明確な表現は、時間ができたらぜひとも古代史を尋ね歩く夢を見て歩きたいものである。古事記の素晴らしさを実感している。
日本の歴史を悪意ある捏造を繰り返す、近隣諸国に負けることなく、自らの素晴らしい歴史観を、遅まきながら勉強したいと願っている。

25,26日は休みをいただいて東京に遊ぶ。久しぶりの東京行であったが、十分に堪能した。家内の先導でホテルからタクシーに乗り皇居を一周した。タクシーで皇居一周等夢想だにしなかったのだが、面白いことを発見した。皇居の裏側(表現がおかしいですが)、にある半蔵門である。家康を京から逃げるように連れ帰った、半蔵氏にちなんで命名した門だが、江戸城で最も重要な門らしいことを家内がつぶやいた。これを起点にして銀座松坂屋跡の人気のスポットに立ち寄る。カボチャ芸術品の陳列に戸惑いながら次のスポットへ移動。

26日朝、水天宮のホテルの地下から地下鉄に乗り、押上に移動、東京スカイツリーに遊ぶ。話には聞いていたが、素晴らしい日本人の知恵が詰まった代物である。凄いものを企画した人を尊敬しながら、感激した。最新技術が詰まっており、北朝鮮からミサイルが飛んでこないことを祈りながら、遊んだ。この平和をいつまでも続け、日本人の素晴らしさを世界中に知らせることも、現代を生きる人の重要な役割であろう。

テーマ : いやっほぅ(*´∀`*)ノシ+゜
ジャンル : 日記

嬉しい奇跡が一つ消えました。

今年の会計年度はすさまじい奇跡が発生している。と思ったのもつかのま残念な結果に終わる。2月の月次会計で奇跡的現象を確認。多少の期待感はもつものの、年度会計は、赤字をどこまで少なくするかに、絞っていたのである。ところがマクロ的だが、確実に黒が見込めるところまできた。これを驚く以上に奇跡と言ってもよい現象である。この奇跡が消えてしまった。自らの愚行により消えたのである。未確定版の売り上げ成績でマクロ的確認をしていて、確定版にて修正作業に入った。修正作業は3/31日付で実行修正作業に誤りのないことを確認しながら、仕掛品の振り戻し処理を見逃し、「残高試算表」の確認に入った。これに気付いて再修正作業にはいるが、後の祭りである。

はやる気持ちを抑えて次の行動を確実にせねばなるまい。会社として大きなキャッシュバランスの乱れに見舞われる。困ったことではあるが、新年度の対策を確実に進めることにする。週末には新入社員の歓迎会である。明るく楽しくやることにしよう。

奇跡が連発していることに違いはないので、奇跡を楽しむ気分にならねばなるまい。奇跡が遺跡にならぬよう気を引き締めることにする。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

プロフィール

ニックスバラード

Author:ニックスバラード
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード